>>お問い合わせ

ショッピング枠現金化サービスの知られざる秘密2

ここではクレジットカードの所謂ショッピング枠現金化サービスに関して、皆さんの知らないとっておきの話をしています。
皆さんはこの所謂ショッピング枠現金化サービスについて聞いたことが有るでしょうか。もっとも現在この記事を御覧の皆さんの多くが、この所謂ショッピング枠現金化サービスを今までに聞いた事が無いか、或いはショッピング枠現金化サービスと言う言葉を聞いた事が有っても、それが一体何かピンと来ないのではないか、と思います。もっとも今までにショッピング枠現金化サービスを利用した経験の有る人は、或いは事情が有って特にショッピング枠現金化サービスに詳しい人でもない限り、なかなかこのショッピング枠現金化サービスについては理解出来ないことでしょう。ここではそんなショッピング枠現金化サービスについて紹介します。
それではこのショッピング枠現金化サービスについて、もう少し補足して説明することにします。このショッピング枠現金化サービスは「不当景品類及び不当表示防止法」という法律の中に記載されている、所謂「もれなく型」に該当します。これについてもう少し詳しく紹介することにしましょう。もっとも通常の所謂景品提供の場合、その最高額には実は決まりが有ります。この部分で決まりが無いわけではありません。景品提供の最高額は、実は総取引額の10%以下に規制されています。ですがこのショッピング枠現金化サービスは、この所謂「もれなく型」に該当するとされています。従ってここで紹介している所謂ショッピング枠現金化サービスの鍵でもある、これまた所謂キャッシュバックは、この「もれなく型」に該当します。つまりショッピング枠現金化サービスは例外的な景品である、とされています。従ってこのショッピング枠現金化サービスの場合ですと、取引額の10%以上を合法的に提供することが可能になります。法律の面で言えばこのショッピング枠現金化サービスは違法ではない、とも言う事が出来ます。
ここまでショッピング枠現金化サービスについて簡単に紹介しましたが、ショッピング枠現金化サービスのこうした仕組みを今一つ理解出来ない、と言う人はこのような場面を想定してみるとよいでしょう。例えば最近所謂家電量販店等でよく行われているキャッシュバックサービスをイメージしてみればよいでしょう。そうすればこのショッピング枠現金化サービスが一体何で有るかについて多少は理解出来るのではないでしょうか。ここのところがこの所謂ショッピング枠現金化サービスと、通常の消費者金融とが異なるところなのです。
ショッピング枠現金化サービスに関しては、もう少し補足をしておきましょう。ショッピング枠現金化サービスを利用者が利用する場合、ショッピング枠現金化サービスのその性質上、ショッピング枠現金化サービス業者の指定する店で一旦は商品を買う事になります。それではその商品は、必ず受け取らなければならないのでしょうか。もっともショッピング枠現金化サービスを利用する目的は、言ってみればお金を借りることなのですから、この商品についてはどうでもいいような気もします。この商品に関してですが、ここはショッピング枠現金化サービス業者によって異なっています。多くのショッピング枠現金化サービス業者では、その利用者は商品を受け取ってから出ないと、決済が出来ないようになっています。形式上、やはり商品を受けとらなければならないのです。
そしてショッピング枠現金化サービスの配達時決済の場合は、ショッピング枠現金化サービスを業者に申し込んでから数日後、つまりショッピング枠現金化サービス業者から商品が届けられた際に決済が行われます。その後ショッピング枠現金化サービス業者からお金が、ショッピング枠現金化サービス利用者の指定口座に振り込まれます。

以上がショッピング枠現金化サービスを利用する場合の、大体の流れです。もっともショッピング枠現金化サービス業者によっては、ショッピング枠現金化サービスを利用する際の所謂商品受け取りを必要としないところもあるようです。従って現在この記事を御覧の皆さんが実際にショッピング枠現金化サービスを利用しようと言う場合には、やはり事前にショッピング枠現金化サービス業者に確認しておいたほうがよいでしょう。

pickup

ペンライトはこちら

2017/7/7 更新

Copyright (C) 2008 ショッピング枠現金化サービスについて考えてみましょう. All rights reserved.